For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 勝手にしやがれ!!.

勝手にしやがれ!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

勝手にしやがれ!!
セックス・ピストルズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1976年10月
1977年3月 - 6月
1977年8月
Wessex Sound Studios, London, England
ジャンル パンク・ロック
時間
レーベル
イギリスの旗
ヴァージン・レコード
アメリカ合衆国の旗
ワーナー・ブラザース・レコード
プロデュース クリス・トーマス
ビル・プライス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(イギリス[1]
  • 11位(ノルウェー[2]
  • 12位(スウェーデン[3]
  • 16位(オランダ[4]
  • 27位(ニュージーランド[5]
  • 29位(日本[6]
  • 106位(アメリカ[7]
  • ゴールドディスク
  • ゴールド(1977年、イギリス
  • プラチナ(1988年、イギリス)
  • ゴールド(1987年、アメリカ
  • プラチナ(1992年、アメリカ)
  • ゴールド(1990年、オランダ
  • セックス・ピストルズ アルバム 年表
    勝手にしやがれ!!
    1977年
    ザ・グレイト・ロックン・ロール・スウィンドル
    1979年
    『勝手にしやがれ!!』収録のシングル
    1. アナーキー・イン・ザ・U.K.
      リリース: 1976年11月26日
    2. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン
      リリース: 1977年5月27日
    3. プリティ・ヴェイカント
      リリース: 1977年7月1日
    4. 「さらばベルリンの陽」
      リリース: 1977年10月14日
    テンプレートを表示

    勝手にしやがれ!!』(原題:Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols)は、イギリスパンクバンドセックス・ピストルズ唯一のスタジオ・アルバム。1977年10月28日ヴァージン・レコードよりリリースされ、全英アルバムチャート1位を記録。

    ローリング・ストーン』誌の「オールタイム・ベスト・アルバム500」(大規模なアンケートで選出)と「オールタイム・ベスト・デビュー・アルバム100」に於いて、それぞれ41位[8]と7位[9]にランクイン。

    解説

    全英チャートで1位を獲得。アメリカではトップ100にも入らなかったが、発売から10年後の1987年にはゴールド・ディスクに輝くロングセラーとなった。

    本作のレコーディングは1977年春から夏にロンドンのウェセックス・スタジオにて断続的に行われた。プロデューサーのクリス・トーマスは、プロコル・ハルムロキシー・ミュージックサディスティック・ミカ・バンド等を手がけたベテランであり、スティーヴ・ジョーンズギターを何重にもオーヴァー・ダビングすることで、音に厚みを出した。また、実際の演奏よりやや速目に再生されるよう録音した。エンジニアはビル・プライスが務めた。

    ベーシストグレン・マトロックは、「アナーキー・イン・ザ・U.K.」「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」「プリティ・ヴェイカント」(2番の2行分をロットンが作詞した以外は作詞も担当)など、半数以上の曲を1人で作曲したが、本作のレコーディング直前に脱退している。2000年に行われたインタビューで本作を「ラジオで1曲だけ聴くと凄くいいと思う。でもアルバムを通して聴くと、ちょっと平板というか。僕がいたら、もっとカラフルにできていたかも」と語っている[10]

    マトロックに代わって加入したシド・ヴィシャスの演奏技術が拙かったため、ベースはギタリストのスティーヴ・ジョーンズが担当した。また、すでにシングルとして発売されていた「アナーキー・イン・ザ・U.K.」のベースはマトロックによるものである。

    本作制作中のピストルズのレコード契約は不安定なものであり、テレビでの舌禍事件を理由にEMIから契約を打ち切られた後、A&Mレコードと契約するもすぐに破棄された。一時は契約がない状態になったが、最終的にヴァージン・レコードと契約。本作に収録されている「拝啓EMI殿」は題名通りEMIを揶揄したものであり、曲の最後でA&Mにもメッセージが向けられている。

    タイトルの中の「Bollock」(スラングで「睾丸」の意)が猥褻だという理由で、警察は本作の販売店に圧力をかけたが、裁判では猥褻に当たらないとされた。

    発表から3ヶ月後、ピストルズは初のアメリカ・ツアーに向かったが、現地でジョニー・ロットンが脱退。バンドは空中分解し、結果的に本作がデビュー作にして最後のアルバムとなった。

    収録曲

    • 作曲クレジットはスティーヴ・ジョーンズ、ジョニー・ロットン、グレン・マトロック、ポール・クックによる。
    • ただし、「さらばベルリンの陽」と「ボディーズ」のみマトロックではなくシド・ヴィシャスがクレジットされている。
    • UKオリジナル盤(Virgin V2086)は全11曲入りで、特典としてシングル「サブミッション」が付加されていた。1977年11月以降にリリースされたUK盤には「サブミッション」がアルバム内に組み込まれ、曲順が若干変更されている。
    • US盤およびカナダ版はアートワークがピンクの下地に緑のバンドロゴとなっている。

    UKオリジナル盤

    • Side A
    1. さらばベルリンの陽 - Holidays in the Sun(3分20秒)
    2. ライアー - Liar(2分41秒)
    3. 分かってたまるか - No Feeling(2分49秒)
    4. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン - God Save the Queen(3分19秒)
    5. 怒りの日 - Problems(4分10秒)
    • Side B
    1. セブンティーン - Seventeen(2分02秒)
    2. アナーキー・イン・ザ・U.K. - Anarchy in the U.K.(3分32秒)
    3. ボディーズ - Bodies(3分03秒)
    4. プリティ・ヴェイカント - Pretty Vacant(3分17秒)
    5. ニューヨーク - New York(3分05秒)
    6. 拝啓EMI殿 - E.M.I.(2分57秒)

    USオリジナル盤

    • Side A
    1. さらばベルリンの陽 - Holidays in the Sun(3分20秒)
    2. ボディーズ - Bodies(3分03秒)
    3. 分かってたまるか - No Feeling(2分49秒)
    4. ライアー - Liar(2分41秒)
    5. 怒りの日 - Problems(4分10秒)
    6. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン - God Save the Queen(3分19秒)
    • Side B
    1. セブンティーン - Seventeen(2分02秒)
    2. アナーキー・イン・ザ・U.K. - Anarchy in the U.K.(3分32秒) ※
    3. サブミッション - Submission(4分10秒)
      • 作曲:グレン・マトロック
    4. プリティ・ヴェイカント - Pretty Vacant(3分17秒)
    5. ニューヨーク - New York(3分05秒)
    6. 拝啓EMI殿 - E.M.I.(2分57秒)

    CD版

    1. さらばベルリンの陽 - Holidays in the Sun(3分20秒)
    2. ボディーズ - Bodies(3分03秒)
    3. 分かってたまるか - No Feeling(2分49秒)
    4. ライアー - Liar(2分41秒)
    5. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン - God Save the Queen(3分19秒)
    6. 怒りの日 - Problems(4分10秒)
    7. セブンティーン - Seventeen(2分02秒)
    8. アナーキー・イン・ザ・U.K. - Anarchy in the U.K.(3分32秒)
    9. サブミッション - Submission(4分10秒)
    10. プリティ・ヴェイカント - Pretty Vacant(3分17秒)
    11. ニューヨーク - New York(3分05秒)
    12. 拝啓EMI殿 - E.M.I.(2分57秒)

    参加ミュージシャン

    脚注

    この項目は、アルバムに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますP:音楽/PJアルバム)。
    {{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
    勝手にしやがれ!!
    Listen to this article

    This browser is not supported by Wikiwand :(
    Wikiwand requires a browser with modern capabilities in order to provide you with the best reading experience.
    Please download and use one of the following browsers:

    This article was just edited, click to reload
    This article has been deleted on Wikipedia (Why?)

    Back to homepage

    Please click Add in the dialog above
    Please click Allow in the top-left corner,
    then click Install Now in the dialog
    Please click Open in the download dialog,
    then click Install
    Please click the "Downloads" icon in the Safari toolbar, open the first download in the list,
    then click Install
    {{::$root.activation.text}}

    Install Wikiwand

    Install on Chrome Install on Firefox
    Don't forget to rate us

    Tell your friends about Wikiwand!

    Gmail Facebook Twitter Link

    Enjoying Wikiwand?

    Tell your friends and spread the love:
    Share on Gmail Share on Facebook Share on Twitter Share on Buffer

    Our magic isn't perfect

    You can help our automatic cover photo selection by reporting an unsuitable photo.

    This photo is visually disturbing This photo is not a good choice

    Thank you for helping!


    Your input will affect cover photo selection, along with input from other users.