高間武 - Wikiwand
For faster navigation, this Iframe is preloading the Wikiwand page for 高間武.

高間武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高間 武 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タカマ タケシ
ラテン文字 TAKAMA Takeshi
基本情報
国籍
日本
生年月日 (1956-02-18) 1956年2月18日(65歳)[1]
出身地 京都府[1]
身長 170cm[2]
体重 60kg[2]
選手情報
ポジション MF
ユース
1971-1973 京都商業高校
1974-1977 大阪体育大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1987 日産自動車
1988-1991 京都紫光クラブ
監督歴
1993 教育研究社FC京都パープルサンガ
1994-1996 京都パープルサンガ サテライト
1999-2000 ヴィッセル神戸 サテライト
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

高間 武(たかま たけし、1956年2月18日 - )は、京都府出身の元サッカー選手、サッカー指導者である。

プロフィール

京都商業高校(現:京都学園高等学校)、大阪体育大学を経て、1978年日産自動車サッカー部へ加入。9年間にわたってMFとして活躍し、2度の天皇杯優勝を経験した。1988年に地元の京都紫光サッカークラブへ移籍し、1991年限りで引退。

1993年、紫光クラブから名称変更した教育研究社FC京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)の監督に就任するも、ジャパンフットボールリーグ1部最下位に終わる。1994年から京都のコーチ兼サテライト監督、普及育成コーチを歴任し、1999年から2年間はヴィッセル神戸のコーチ兼サテライト監督を務める。

2001年大阪学院大学サッカー部ヘッドコーチに就任。それまで関西学生サッカーリーグ2部だった大院大を1部に昇格させた。

2007年からは京都のテクニカルディレクターに就任[1]

2012年4月、京都府京田辺市内で高間が運転中に接触事故を起こしたと発表された[3]

2014年11月、京都の強化部テクニカルディレクターを退任した[4]

現在は奈良県橿原市をホームタウンとする、奈良県社会人サッカーリーグ1部のポルベニルカシハラトップチームの監督を務めている。

所属クラブ

選手

指導者

個人成績

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1978 日産 JSL2部 -
1979 JSL1部
1980
1981 JSL2部
1982 JSL1部
1983
1984
1985
1986-87
1988 京都紫光 関西 - -
1989-90 JSL2部 2 0 0 0
1990-91 23 2 0 0 0 - 2 0
通算 日本 JSL1部 66 7
日本 JSL2部
日本 関西 - -
総通算

監督成績

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 リーグ杯 天皇杯
1993 旧JFL1部 京都 10位 18 - 2 - 16 - 予選敗退

参考文献

脚注

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 高間 武 テクニカルディレクター就任のお知らせ”. J's Goal (2006年12月8日). 2013年12月28日閲覧。
  2. ^ a b 『1990-1991JSLイヤーブック』p73
  3. ^ “交通事故の発生について” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2012年4月21日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/16810 2013年12月28日閲覧。 
  4. ^ “祖母井 秀隆ゼネラルマネージャー 辞任のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2014年11月19日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/27535/ 2014年11月24日閲覧。 

関連項目

{{bottomLinkPreText}} {{bottomLinkText}}
高間武
Listen to this article